ロス・エルマーノス『ナ・フンヂサォン・プログレッソ(DVD)』|LOS HERMANOS『NA FUNDICAO PROGRESSO(DVD)』(SB-8869736541)_LTNBR_

ロス・エルマーノス『ナ・フンヂサォン・プログレッソ(DVD)』|LOS HERMANOS『NA FUNDICAO PROGRESSO(DVD)』(SB-8869736541)_LTNBR_

ロス・エルマーノス『ナ・フンヂサォン・プログレッソ(DVD)』|LOS HERMANOS『NA FUNDICAO PROGRESSO(DVD)』(SB-8869736541)_LTNBR_

ロス・エルマーノス『ナ・フンヂサォン・プログレッソ(DVD)』|LOS HERMANOS『NA FUNDICAO PROGRESSO(DVD)』(SB-8869736541)_LTNBR_
¥3,850 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。 配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • 佐川急便

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 ¥800
    • 東北

      • 青森県 ¥650
      • 岩手県 ¥650
      • 宮城県 ¥630
      • 秋田県 ¥650
      • 山形県 ¥630
      • 福島県 ¥630
    • 関東

      • 茨城県 ¥580
      • 栃木県 ¥580
      • 群馬県 ¥580
      • 埼玉県 ¥580
      • 千葉県 ¥580
      • 東京都 ¥580
      • 神奈川県 ¥580
      • 山梨県 ¥580
    • 信越

      • 新潟県 ¥600
      • 長野県 ¥600
    • 北陸

      • 富山県 ¥630
      • 石川県 ¥630
      • 福井県 ¥630
    • 東海

      • 岐阜県 ¥600
      • 静岡県 ¥600
      • 愛知県 ¥600
      • 三重県 ¥600
    • 近畿

      • 滋賀県 ¥650
      • 京都府 ¥650
      • 大阪府 ¥650
      • 兵庫県 ¥650
      • 奈良県 ¥650
      • 和歌山県 ¥650
    • 中国

      • 鳥取県 ¥700
      • 島根県 ¥700
      • 岡山県 ¥700
      • 広島県 ¥700
      • 山口県 ¥700
    • 四国

      • 徳島県 ¥800
      • 香川県 ¥800
      • 愛媛県 ¥800
      • 高知県 ¥800
    • 九州

      • 福岡県 ¥800
      • 佐賀県 ¥800
      • 長崎県 ¥800
      • 熊本県 ¥800
      • 大分県 ¥800
      • 宮崎県 ¥800
      • 鹿児島県 ¥800
    • 沖縄

      • 沖縄県 ¥1,500
  • クリックポスト

    全国一律 ¥200
SOLD OUT

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「gmail.com」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「gmail.com」を許可するように設定してください。

【圧倒的な人気を誇ったあるロック・バンドの終焉】悔しくて泣けてくる。中産階級の若年層を中心に圧倒的支持を受けたロス・エルマーノス、2007年6月9日リオでの無期限活動休止、即ち事実上の解散メモリアルライヴ。永遠に色褪せることのない瞬間。こみ上げる感情を抑えきれないのか、あのマルセロ・カメーロが激しく切なく歌い叫ぶ。そしてその歌さえかき消さんばかりのとてつもない観客の大合唱。先にこの模様を映像で見た友人は「会場が崩落しそうなくらい危険な盛り上がりよう」と述べた。日本で彼らが果たしてどれだけの支持を受けていたかは定かではないが、もっと愛されて然るべきバンドであったろう。しかし悔やんでももう遅い。かくして本作をもって彼らは伝説となった。この音は紛れもなくロックだが、しかし同時に我々日本のリスナーがブラジル音楽に寄せる本質を衝き動かしてはいまいか。この感謝と惜別の情をサウダーヂと呼ばずして、他に何と表現すればよいのだ?
[月刊ラティーナ08年12月号掲載 Text by 上沖央明]
通報する
SOLD OUT