ソ・アブラ『ラ・イルシオン・デトラス』|SO ABRA『LA ILUSION DETRAS』(IND-SA-0001)

ソ・アブラ『ラ・イルシオン・デトラス』|SO ABRA『LA ILUSION DETRAS』(IND-SA-0001)

ソ・アブラ『ラ・イルシオン・デトラス』|SO ABRA『LA ILUSION DETRAS』(IND-SA-0001)

ソ・アブラ『ラ・イルシオン・デトラス』|SO ABRA『LA ILUSION DETRAS』(IND-SA-0001)
¥2,420

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。 配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • 佐川急便

    地域別設定
    • 北海道

      • 北海道 ¥800
    • 東北

      • 青森県 ¥650
      • 岩手県 ¥650
      • 宮城県 ¥630
      • 秋田県 ¥650
      • 山形県 ¥630
      • 福島県 ¥630
    • 関東

      • 茨城県 ¥580
      • 栃木県 ¥580
      • 群馬県 ¥580
      • 埼玉県 ¥580
      • 千葉県 ¥580
      • 東京都 ¥580
      • 神奈川県 ¥580
      • 山梨県 ¥580
    • 信越

      • 新潟県 ¥600
      • 長野県 ¥600
    • 北陸

      • 富山県 ¥630
      • 石川県 ¥630
      • 福井県 ¥630
    • 東海

      • 岐阜県 ¥600
      • 静岡県 ¥600
      • 愛知県 ¥600
      • 三重県 ¥600
    • 近畿

      • 滋賀県 ¥650
      • 京都府 ¥650
      • 大阪府 ¥650
      • 兵庫県 ¥650
      • 奈良県 ¥650
      • 和歌山県 ¥650
    • 中国

      • 鳥取県 ¥700
      • 島根県 ¥700
      • 岡山県 ¥700
      • 広島県 ¥700
      • 山口県 ¥700
    • 四国

      • 徳島県 ¥800
      • 香川県 ¥800
      • 愛媛県 ¥800
      • 高知県 ¥800
    • 九州

      • 福岡県 ¥800
      • 佐賀県 ¥800
      • 長崎県 ¥800
      • 熊本県 ¥800
      • 大分県 ¥800
      • 宮崎県 ¥800
      • 鹿児島県 ¥800
    • 沖縄

      • 沖縄県 ¥1,500
  • クリックポスト

    全国一律 ¥200

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「gmail.com」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「gmail.com」を許可するように設定してください。

◆録音年:2016年◆録音場所:ブエノスアイレス◆レーベル:Independiente
◇1stでブラジルのGuingaをカバーしたことでも注目されたSo Abraの2作目。室内楽的な響きはそのままにインディーロック的な力強さも加わった野心作。なんとプロデュースはエルネスト・スナヘール。
◇曲目
①Coraje
②Aparece desaparece
③Sal
④MDA
⑤Nada en este mundo
⑥La mañana
⑦Día de sol
⑧Los pies
⑨Viaje
⑩Ombú
⑪Desde mi cuarto (Bonus track)

SO ABRA ES
Tomás Viano Kantemiroff: Voz y guitarra criolla.
Iván Katzman: Flauta traversa, flauta en sol, saxo soprano y coros.
Joaquín Coscarelli: Guitarra eléctrica, criolla y coros.
Nicolás Álvarez: Guitarra electroacústica, criolla, programación y coros.
Gonzalo Falzari: Bajo eléctrico y coros.
Lucas Wilders: Batería y percusión.
INVITADOS
Víctor Carrión: Saxo soprano en “Sal”
Emilia Siede: voces en “La mañana”, “Día de sol” y “Viaje”
Lucas Ramirez: Piano Rodhes en “Día de sol”
Ernesto Snajer: Guitarra eléctrica en “Los pies”
Lito Vitale: Sintetizadores en “Los pies”
Nicolás Arianna: Batá en “Los pies”
Dalila Alvarez: Violín en “Viaje”
Andrea Sousak: Violín en “Viaje”
Violeta García: Violoncello en “Viaje”
Ignacio Bartet: Violoncello en “Viaje”
Orlando Campos: Contrabajo en “Viaje”
Manuel Calvo: Trombón en “Ombú”
Flavio Romero: Contrabajo en “Desde mi cuarto”

Grabado en estudio “Los Elefantes” y “Camaradaland” en Noviembre y Diciembre de 2016.
Productor Artístico: Ernesto Snajer
Técnico de grabación y edición: Juan Belvis
Ingeniero de Mezcla: Pablo López Ruiz
Mastering: Pablo López Ruiz
Drum doctor: Lautaro Garro
Preproducción del disco grabada en Estudio Boyacá por Juan Valente
Producción Integral: So Abra
Diseño y arte de disco: planta baja C por Javier Veraldi y Carolina Santantonin

◇ 前作ではギンガの楽曲を取り上げるなど多様な音楽性を持つブエノスの6人組バンドによる2011年以来のセカンド・アルバム。本作もエルメートやアカ・セカ・トリオを彷彿とさせるカテゴライズ不能かつ難易度の高い楽曲からウルグアイのカンドンベ、ブラジルのサンバを取り入れた爽やかな楽曲などを次から次へビシバシ決めていく痛快な内容だが、なによりも彼らを特徴付けているのがギター兼ヴォーカルの3人がサウンドの中心になっている点だろう。キラキラとしたギターが重なり合うような木漏れ日感は減退し、エレキ・ギターとエモーショナルなヴォーカルがもたらすオルタナ成分が増幅。新しい世代らしいオリジナリティを強く感じさせてくれる。ギターの復権がまことしやかに囁かれているここ数年の世界的な音楽トレンドに同調しているのも、おそらく彼らの高感度なアンテナの賜物だろう。まだまだ進化しそうな要注目のバンドである。
月刊ラティーナ2018年3月号掲載(江利川 侑介)
通報する

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「gmail.com」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「gmail.com」を許可するように設定してください。